HDD単体(WD5000AAKX)からのデータ復旧

今回のデータ復旧は、HDD単体のみ持ち込まれました。
※全く使用環境がわからない状況。(Windows?・MAC?・NAS?)
※最近、HDD単体で持ち込まれるケースが増えています。
・Western Digital製 (D5000AAKX)
・メーカーURL: http://www.wdc.com/jp/products/products.aspx?id=770

<現状把握>
・HDDの重度障害を確認する。※”カツカツ”の異音や摩擦音が出ている。
・HDDは認識できるが、読み込みが異常に遅い
・HDDの使用状況わ確認  
・GPT(GUID パーティションテーブル)を確認    
・6区画(パーティション)を確認    
・第1区画が、Ext4又はExt3フォーマットを確認  
・NAS又は、同等のシステムで使用されてたと判断する。 
※例えば、バッファロー製: LinkStationなど    

<データ復旧作業>
・HDDの状態が悪いため、クローン(イメージ複製)を作成する 
※HDD全容量の9割をイメージ化。・フォマット形式や論理障害を確認する。
※フォルダ・ファイル構造が見えない状態。(重度の論理障害)
・データサルベージ作業を行う。


<データ復旧結果>
・総容量 160GB(190,000ファイル、14,000フォルダ)を取り出した。 
※一部のファイルが損傷(データが開かない・ファイル名の文字化けなど)している状態。 
※概ね取り出しは成功しました。